真夜中、走り出して

会いに行く
会いに行く
会いに行く
会いに行く


会いたくて
キミに会いたくて
今夜、キミに会いに行く
だけど僕はキミがどこにいるのか知らない


なのに、もう、走り出している
走っている


夜の街を走る
夜の街を走る
自転車に乗って
自転車を乗り捨てて
サンダルが脱げて
裸足になって
終電を追い越そうとする
夜汽車は走る
キミが乗っているかもしれなくて
窓の向こう、キミの顔を探そうとする
追いつけない
もう、遠くまで行ってしまった


真夜中の無数の光が
名もなき人々を斜めになって照らす
僕を照らす光
次の光
ああ、追いつけない


会いに行く
会いに行く


会えないこと、知ってる


だから、会いたくて
キミに会いたくて


会いに行く
会いに行く
夜の街を走って
キミのこと忘れようとする