引っ越し その3

7時半起き。疲れて熟睡、夢は見ていないと思う。
この部屋はこんなにも日差しが入ったのか、と驚く。


缶のコーンポタージュを温めて飲んで朝食代わりにする。
空き缶を近くの自販機に捨てに行く。
今日もまた夏のように暖かい。Tシャツで外に出る。
掃除機をかけたり、昨日シャワーを浴びるときにユニットバスから出したゴミ袋や
置いていくバインダーなどをまた元に戻す。
そうこうしているうちに8時半、早くも引越し業者の若者たちが来る。
昨日と同じ2人。ベテランの方は来なかった。
代わりに途中から家事・断捨離の達人のようなおばちゃんがキッチン担当で登場。
ウロチョロしていたら怒られた。そこは私がやります! と。プロだった。
掃除機をかけていると埃が舞い上がるからだめです、と言われ、
リーダーからは濡れぞうきんの方がいいですよと。
すごすごとそうする。


残り1/3とロフト。
することもなく僕はロフトのCDと本を下に下ろすのを手伝う。
布団を布団袋に入れていいですか、と頼まれて引き受ける。
埃だらけの部屋に暮らしていた男の布団は触りたくない、ということなのかと思う。
まあ僕だったら避けたい。
作業スペースが存分に確保できるのでこの日のスピードは速い。
見る見る間に片付いていく。ビデオに撮っとけばよかった。
12時を前にして搬出が全て完了。
ああ、あの部屋の荷物が全部なくなるなんて、そんな日が来ることもあるのか…


当初の予定ではいったん二子玉川に運んだトラックがまた戻ってきてトランクルームのはずが、
空きがあってまだ詰め込めるということでそのまま引き続きトランクルームへ。
こちらは箱詰めした本がメインなので、紙袋に入れていた本を段ボール箱に入れ直す程度、
台車を何台か往復したらすぐに終わった。13時までかからなかった。


部屋に戻って掃除の続きをする。
いくらやってもきれいにならない。
元々業者に任せることになっているのでそんなきちんとやらなくてもよかったんだろうけど、
15年も住んだ部屋、あともうちょっと床を拭こう、窓枠もやっとこうなどとキリがない。
ユニットバスもざっと掃除し直して、エアコンのフィルターも。
1時間ほどやって気分的に一区切りつく。
捨ててもらうゴミ袋を部屋の真ん中にまとめて、ブレーカーを落とす。
大家さんに鍵を返す。
部屋の中を見てもらう。クロスは張替だなあと苦笑していた。
僕がここに15年も住んだのは大家さんの人柄がよかったからだった。
これが最後となると残念だった。
本当はお菓子を渡すつもりで選り分けていたはずが、搬出のバタバタでどこかに行ってしまった。


これまで住んでいた部屋から、荻窪駅へと向かう。
ハロウィンの格好をした子供たちがグループに分かれ、PTAに先導されて家を回っている。
訪れていい家はカボチャのマークが掲げられている。
子供たちの親に限らず、地域の人たちも参加していて
熱心に飾り付けて子供たちが来るのを待っている家もあった。
そういう関わり方もいいなと思った。
時折ひとりぽつんと歩いている子供がいて、気になった。


14時。昼を荻窪でと思うが、「炒飯の万博」が満席、「なないろ」のラーメンが日曜は休み。
引っ越し屋も向かってるだろうと食べずに丸の内線に乗る。
途中、ヨドバシに寄って妻に頼まれて取り置きしてもらっていた
羊の形をした毛玉取り器を受け取りに行く。
ヨドバシのポイントで Dionne Warwick のアルバムを1枚買う。


妻から LINE に連絡が入って、冷蔵庫の取り付けに来たけど、
この前ヨドバシで買った冷蔵庫の下に敷くマットはどこ? と。
あ、しまった。本来1日で済むはずが、2日に分かれることになって2日目のエリアに入ってしまった。
「リビング すぐ使う」と書いてもらった箱に入れてもらったので
今運んでる中にあったら見つかるはずと伝えたら、たまたま目の前にあったようで事なきを得る。
しかし妻激怒。
その後、LINEでメッセージを送っても既読にはなっても返信が来ない。
恐る恐る帰ってくる。
機嫌がよくなっていて、ほっとする。


叔父たちが今日も来てくれていて、昨晩の組み立て間違えたクローゼットハンガーを作り直し、
リビングのソファーベッドに取り掛かっていた。
力仕事の必要な場面で叔父が腰を痛め、横になっていた。
朝から何も食べていなかったので差し入れの弁当をふたつ食べて、残りの工程の組み立てを僕が。
しかし、IKEAの家具ってそういうものなのか、やはりネジが途中までしか入らない。
IKEAのフロアで盛んに電動ドライバーを売っていたのはそういうことか!
これはよほどの力持ち以外に手ではネジを回さないものなのだ!
叔父の運転する車で母が空港まで送ってもらった後、
渋谷のハンズに電動ドライバーを買いに行く。
田園都市線に乗る。疲れて何もする気になれない。
音楽を聞きながら、iPhone でゲームをやって過ごす。
渋谷は日曜の夕方、身動きもままならないぐらい大勢の若者たちが。
ハンズで電動ドライバーと家具の下に敷くコルクのシートを買ってすぐ帰ってくる。
ドライバーは本格的なのは1万から2万。
もちろんそんなの買えない。一番安い4,000円のにする。


急行に乗ったら快速で、二子玉川まで。ここもまたとても混んでいた。
戻ってきて試してみるが、やはりうまくいかず。
全速力でネジとネジ山が空回りする。
ああ、無駄足だったか…
結局手で締められるところは締めて、何か所かゆるいままに残る。
一応それでもソファーベッドが出来上がる。


19時半、妻と歩いて二子玉川へ。
Riseに入って見かけたタイ料理屋に入って春雨サラダを食べてタイの焼酎のソーダ割。
夜道を歩いて帰ってきて、コンビニへ。明日の牛乳などを買う。
リビングに家具をどう配置するかという話をこの2日ずっとしてて、
柱の周りはCDラックを積み上げてタワー型に囲むことに。
それもぐるっと囲むとデッドスペースが多くなるからダメだとかあれこれ言い合って悩んで。
とりあえずのデザインを決めて作り始める。
CDラックの入った箱を上から運んできて積み上げていく。
茶色と黒とがあって、茶色が少ないけどリビングにはこちらが合う。
どんどん段ボールを開けていくがなかなかみつからない。黒ばかりが2階の書庫の部屋に積み上がる。
うーん、これは傷の浅いうちに黒をリビングにと方針転換するか。


そうこうしているうちに午前1時。
バタンバタンとしているとうるさいだろうとそこでやめて寝ることにする。
和室に布団を敷くが、それはそれで和室の荷物を片付けなくてはならず。
夏のような暑さということもあり、一日中汗だくだった。
午前2時頃寝たか。
僕は明日も休むことにしていたが、妻は明日から仕事なのでやることがあって
寝たのはもっと遅かった。