Podcastの収録

ここ数日の風邪。
熱はおさまったものの、昨日まで咳が止まらず。
今日なんとかこれなら外出してもいいかな、というぐらいに軽くなった。
荻窪の床屋、神保町PASSAGEの搬入、自由が丘の店で夕方Podcastの収録
という予定。全て崩れたら大変なことになるところだった。
 
四方田犬彦『日本映画110年史』を読み始める。
増補前の100年史の方を10数年前に読んだことがある。
 
まずは荻窪の床屋へ。
9時前に着いたが、店が開いていない。
貼り紙を見たら10時からだという。
マスターかなり高齢だし、これから規模を縮小して営業するのか。
とりあえず駅前のドトールで時間をつぶして10時前に戻って来る。
一番に切ってもらう。
一緒に店に立っていた奥さんが骨折でしばらく店に出られなくなったという。
買い物も行けないから自分で、などなどあって生活のリズムを立て直すのが難しく、
当面は10時営業となった。
今後ずっと、ではないようなのでよかった。
 
ゴンチチのラジオを聞きながら切ってもらい、咳が出そうになるのをこらえる。
終わってすぐ神保町へ。
12時の初回の搬入に間に合う。
開店早々、棚に置いていたナンシー関の本を3冊まとめて買われた方がいた。
棚主仲間のシークレットブックを1冊(誕生日にちなんだもので山羊座のを)、
カーネーションの40周年記念本を買う。
 
昼はまんてんに並ぶ。10人ほどですぐだった。
いつものカツコロ一緒。
 
半蔵門線で渋谷。
乗り換えて東横線
すぐ来る特急だと座れないかもと、1本待って各駅停車。
 
月末のイベント参加の準備など。
編集学校の後輩が来てくれてたくさん買ってくれた。ありがたい。
閉店まですぐだった。
 
18:30より、PASSAGE棚主仲間によるPodcast「独立後のリアル」の収録。
店の中に長机を入れて、マイクを4本立てて1時間話す。
PASSAGE に棚を借りるまで、創の実にリアル店舗を持つまで。そしてこれから。
店長である妻が主に話して、僕はところどころ補足を。
なかなか楽しい時間となった。放送ではどうなるか。
 
店を片付けて、前から気になっていた餃子系の大衆酒場へ。
2時間弱いたことになるか。
餃子を何皿も頼んだのに一人3000円もしなかった。いい店だった。
マルケンという名前だったか。
 
22時半まで飲んでて、電車に乗って帰る。