アップルパイ問題

青森出身の後輩ちゃんから教えてもらう。
昨日の東奥日報に気になるニュースがあった。
 
『「学生にアップルパイ配布」予算案、常任委を通過 弘前市議会』
 
弘前市議会にて可決された予算案にて
弘前市内の学生に対しアップルパイを「主食」として配る事業費が含まれたとのこと。
・市内の大学や専門学校11校に通う学生約6千人が対象
・事業費は264万円
・配布時期は11月を予定
 
コロナ禍でアルバイトや仕送りが減り、生活費に困っている学生がいる、というのはわかる。
しかし、アップルパイより米の方がいいんじゃないかという意見は少数として却下されたようだ。
特に女子学生に限るという記載はなさそう。
男子学生だったらおにぎりをもらった方がうれしそうだけど……
弘前の人の主食はアップルパイなのだろうか。
(というか、僕が学生だったら米やアップルパイではなく、単位くれと言ったと思う)
 
それはまあいいとして、気になったのは取材に応じた議員の発言。引用します。
「学生たち、特に女の子たちはアップルパイを楽しみにしている。お米を食べない女の子もいる」
「米は食べずパン派という学生もいて、好みは千差万別。
 いただけるなら何でもありがたいという学生も多いと思う」
 
なんだろ、このご時世、いろいろと物議をかもしそう。
前者のピュアなジェンダー感(妻曰く)もなんだけど、
後者の、上から目線の全てをぶち壊すような。
だったらなおさら、アップルパイじゃなくてもいいじゃん。
 
身近な青森出身の LINE グループふたつで話題にしたところ
どちらからも、アップルパイ業者と癒着してるのだろうか……、と。
まさかそんなあからさま過ぎることはないか。
 

コンビニで買ったことのないもの

あるところで出たお題について妻から聞く。
「コンビニで買ったことのないものを買う」
 
簡単そうで難しい。
妻が職場の近くと家の近くで探してみたところ、
もちろんそれぞれ品ぞろえの細部がだいぶ異なっていた。
新宿区では ZIPPO のオイルが、
練馬区ではトミカのミニカーが、売られていたという。
前者は喫煙可のバーが多いエリアだからで、
後者は孫にせがまれてお年寄りが買うのか。
 
自分だったら何を買うだろう?
実際の店舗に行ってみなくても、
買ったことのないものの方が多いと想像がつく。
 
レジの前に並んだファミチキからあげクンの類を買ったことがない。
おでんや肉まんはあっても。
揚げ物はスーパーの総菜の方がうまそうだし、
はまったらコンビニに行くたびに買って食べそうだし。
 
iTunesAmazonプリペイドカードを買ったことがない。
iPhone の充電器も買ったことがない。
下着やタオルの類も買ったことがない。
出張先や旅先で急に必要になるということがなかった。
 
妻に聞くと、プリペイドカード以外は買うことがあったという。
思わぬ局面で必要になったとか。
僕は何だか味気ない人生を送ってるんだな、と思う。
 
夏の間、花火を売っているコンビニがある。
しかしもはや花火を買うこともない。
そもそも東京だとどこでできるんだろう?
夜の公園なのだろうか。
一度か二度ぐらいしか見たことがない。
 
僕だったら花札やトランプ、UNOの辺りを挙げるだろうか……
 
それはそうとコンビニで売っている一番高いものって何だろうか?
化粧品のランクの高いものやワインの辺りかな。
あるいはプリペイドカード?
安くてどんどん売れて回転のいいものが基本。
高いものはそんなにないか。
コンビニで高価なものは、確かに買おうとしない。
 

*[音楽の話] 先週買ったCD #48:2021/09/06-2021/09/12

2021/09/07: www.amazon.co.jp
The Young Gods 「L'eau Rouge / Red Water 1989 - 2019 30 Years Aniversary」 \1731
 
2021/09/08: diskunion.net
Orchestra Baobab 「Bamba」 \1400
 
2021/09/08: www.amazon.co.jp
Patti Smith 「Peace and Noise」 \449
 
2021/09/09: diskunion.net
吉田美奈子 「扉の冬」 \3050
(Soundtracks) 「月曜日のユカ」 \3400
(Soundtracks) 「LA BOUM / LA BOUM2」 \2650
 
2021/09/10: tower.jp
Humbert Humbert 「Folk 3」 \3420
 
2021/09/11: www.amazon.co.jp
Cacoy 「Human is Music」 (\400)
Amazon のポイントで
 
2021/09/11: www.amazon.co.jp
The Bad Plus 「It's Hard」 \1439
 
2021/09/12: www.amazon.co.jp
KOHH 「WORST」 \1271
 
---
Patti Smith 「Peace and Noise」 \449
 
今週、新しい iPhone の発表がなされる予定。
遂に 1TB のストレージ容量のモデルが発売されるんじゃないか。
その際は僕にとっても3年ぶりの買い替えになる。
これまで 128 / 256 / 512 GB と2年おきにサイズが大きくなってきて、
本来のペースならば昨年、1TB が発売されるものと思っていた。
そうならなかったのはコロナ禍の混乱に寄るものなのか、
それともテクニカルな障壁があったのか。
国内外の多くのアナリストの予想によれば、今年こそ登場する見込み。
今週末にも予約開始かな。
世界的な半導体不足で供給が追い付かず、
とならなければ今月末には入手できるんじゃないか。
今から楽しみだ。
 
この3年間、512GB だと iPhone に音楽データが入りきらなくて
新しいアルバムを入れるためにどのアルバムを消すか、
その判断のためだけに音楽を聞いてきたように思う。
本末転倒。でもそこからようやく解放される。
あれも入れよう、これも入れようとこの一カ月、
これまで手付かずでいた CD の山をせっせと iTunes に取り込んできた。
フランク・ザッパのオン・ステージ集とか、
マイルス・デイヴィスのブートレッグ・ライヴのシリーズとか。
 
そんな中で、あれ、僕が iTunes に入れていたパティ・スミスのアルバムは
1枚目の「Horses」(1975)と
2作目の「Radio Ethiopia」(1976)だけだったかと気づいた。
じゃあと棚からごっそり取り出したら
活動復帰後の1997年に発表の「Peace And Noise」を持ってなかったことを思いだした。
やー、確かにそうだった。
欠けてるのも気持ち悪く、国内盤帯付き・スリップケース付きが
amazon で400円ちょいだったのですぐ買うことにした。
 
ベッドに腰を下ろし、俯いてノートに何かを書きつけている
モノクロのジャケットがかっこいい。
パティ・スミスのアルバムはモノクロのものに傑作の傾向がある。
「Horses」も「Radio Ethiopia」もそうだった。
1988年の「Dream of Life」や2004年の「Trampin'」もそうだし、
黒ではなくセピア色だが、1996年の復帰作「Gone Again」もそうだった。
まあ、カラフルな色遣いの似合う人ではもともとないんだけど。
 
タイトルの「Peace And Noise」とは
嵐の前の静けさというニュアンスだろうか。
「Gone Again」や「Trampin'」といった
直接的に激しさを込めた楽曲の並ぶアルバムに比べると
どこか落ち着いたところがある。
とはいえ、アコースティックな静かな音ではなく、
いつも通りギター、ベース、ドラム、
シンプルな構成のバンドメンバーと共に演奏している。
水面下の緊張感が高いのは他と変わらない。
 
最後の曲、”Last Call” でコーラスを取る男性の声、
どこかで聞いたことあるなと思って解説を読んでみたら
そういえばこの時期、R.E.M.「New Adventures In Hi-Fi」(1996)でも
パティ・スミス"E-Bow The Letter" で歌っていた。
R.E.M. のこの90年代屈指の名盤も今年、25周年記念エディションで再発される)
 
引き続き解説を読む。
4曲目 ”Spell” はポエトリー・リーディングなんだな、と思いながら聞いていたんだけど、
これはアレン・ギンズバーグの詩集『吠える』の脚注を朗読したものとあった。
1950年代のビート・ジェネレーションを代表する二人が亡くなっている。
1970年代のニューヨーク・パンクは彼らの自由な思想から受けた影響も大きかった。
パティ・スミスはその遺志を継ぎ、次の世代に伝えていこうとしているんだな。
パンクの女王と呼ばれていた時期もあったけど、
パンクにとどまらずアメリカのカウンターカルチャー全般に大きな足跡を残している。
 
フジロックで見たことがある。
あれは何年だったか。
3日間通しで別々なステージに立っていたように思う。
それに飽き足らず、彼女はステージとステージをつなぐ道の途中の辻に立って
ギター1本で歌っていた。
大勢の若いロックファンが真夏の日差しを浴びながら
彼女を取り囲んでいた。
忘れられない光景だった。

身辺雑記:09/06-09/12

09/06(月)
 
7時起き。久しぶりに朝、雨が降らず。
しかし曇って気温が低いまま。
縄跳び、クッション腹筋、アイスコーヒー、GTR3
スムージー、レモン酢、ヨーグルト。
午前中は降らないよ方だったので外に洗濯物を干したら
雲行きが怪しくなって中に干し直す。
まあ少しは外の風に当てたのは良かった。
明日の本番リリースに向けてバタバタが続く。
昼、LIVIN に買い物。
LIVIN のかき揚げを乗せて温かいかけ蕎麦。
これが高血圧に良くないのか、午後頭痛。
 
午後、打ち合わせ2本。
夕方、ライフに買い物。
鶴瓶の家族に乾杯はこれまでの総集編。
夜はゴーヤと厚揚げの味噌炒め。もやしとバラ肉と。
ビーリーフ、レタス、トマトのサラダ。
酒場放浪記は川井キャンプ場へ。
逆転人生は煎餅工場を継いだ兄弟。
町中華で飲ろうぜは昨年の再放送。
明日も忙しいのに、思わず月曜から夜ふかしまで見てしまった。
午前1時に寝る。
 
---
09/07(火)
 
7時起き。
縄跳び、クッション腹筋、アイスコーヒー、GTR3
スムージー、レモン酢、ヨーグルト。
朝、晴れている。今日は降らないようだ。外に干す。
午前中は本番リリース作業。
設定内容を細かく確認しながらのところもあって、さすがに疲れる。
昼はざる蕎麦。かけ蕎麦は汁を飲んでしまうからよくないと。
 
午後もリリース作業の続き。
夕方の打ち合わせを挟んで確認作業を引き続き。
どこか何か漏れてそうな……
しかしそれが何かわからない。漠然とした不安。
 
19時に仕事終わり。
夜は納豆ご飯とみそ汁。トマトを切る。
サラメシ。鑑定団。猫歩きは函館。
ぼっちキャンプはシーズン1の再放送。
今週も「お耳に合いましたら。」を見る。銀だこ。
午前0時半に寝る。
 
魚の目の薬を塗っていたら皮が白く、柔らかくなって
芯の分が取れた。足の裏に小さく穴が開いた。
 
---
09/08(水)
 
3時過ぎにみみたに起こされてから、仕事のことなど考えてよく眠れず。
1時間半ぐらい布団の中で
あーでもないこーでもないとネガティブなことを考えていたか。
一日眠いまま過ごす。
 
7時起き。
縄跳び、クッション腹筋、アイスコーヒー、GTR3
スムージー、レモン酢、ヨーグルト。
ざる蕎麦効果なのか、体重を測ったら昨日よりも 1kg 減ってた。
 
昨日の PowerCenter リリース作業の結果を見る。
どこかで何かを失敗してるんじゃないかという不安もあって寝れなかったのが、
やはり異常終了。予想外のところで。
確認不足、その場の判断によるもの。
すぐ原因がわかって復旧作業へ。
20分もかからなかった。この程度で済んでよかった。
 
そういうのもあってバタバタ。
昼は引き続きざる蕎麦。
ライフに買い物。
朝のうちは少し晴れたが、午後から曇り。
早めに洗濯物を取り込む。
 
昨日の移行作業のエビデンスを整理。
夕方の打ち合わせの準備。
夕方の打ち合わせは今一つ。いまだびくびくしている。
19時ごろまで仕事して、夕飯の用意。
ご飯を炊いてとろろ漬け丼。
アスパラガスを茹でてレタス、トマトのサラダ。
白菜の味噌汁。
 
『デザインリサーチの教科書』の続きを少し読む。
含蓄に富む良書。その分、さらさらとは読めない。
妻が地下鉄で通勤だったため、駅まで傘を持って迎えに行く。
眠くて食後シャワーを浴びてすぐ寝る。
 
---
09/09(木)
 
明け方から雨、やがて大雨。
7時起き。クッション腹筋。インスタントコーヒー。
GTR3はいよいよ富士山。青木ヶ原の樹海を歩く。
スムージー、レモン酢。
念のため PowerCenter を確認。正常終了していた。
しかし対象0件が想定と違うので引き続き対応。
 
昼はざる蕎麦。
午後打ち合わせが立て続けに。
終わって19時。
 
サバの味噌煮をつくる。
味噌が多すぎたのか、煮詰めたら相当濃くなった。
赤味噌2:白味噌3の割合にしたら、出来上がったらほぼ赤。
黄パプリカ、レタス、トマトのサラダ。
玉ねぎ、わかめ、油揚げの味噌汁。
 
迷宮グルメは愛媛。
お笑い演芸館vsはつぶやきシロー
町山智浩アメリカを見て寝る。
 
---
09/10(金)
 
7時起き。久々に晴れ。
縄跳び、クッション腹筋、GTR3
再度、PowerCenter 確認。これでようやくOKか。
他、午前中はあれこれと雑用。
事業部長と面談。例の件、これで内定か。
昼はざる蕎麦。
昼休みにグループ会。
終わって妻に頼まれ、図書館。LIVIN に rockin'on 買いに行く。
 
夕方の週次定例もなくさっさと仕事を終える。
小説の手直しなど。
夜はIMA地下の大盛軒で買ったチャーハンやあんかけ焼きそば。
 
鷹田と棚橋。いいファイトだった。
新日本風土記は再放送で三浦半島
つまみになる話。水野美紀狩野英孝など。
おんな酒場放浪記。ベストヒットUSAを途中まで。
タモリ俱楽部はユニコーンがゲストで空耳アワー
後半の映像系専門学校の学生につくらせる、というのはいらんかったな。
そこに時間かけるぐらいならもっとたくさん作品を流してほしかった。
午前1時に寝る。
 
---
09/11(土)
 
明け方、大雨となって目が覚める。慌てて窓を閉める。
7時に目が覚める。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー。
ヨーグルト、スムージー、レモン酢。
小説の手直し。
イオンに猫砂を買いに行く。
妻は物語講座の伝習座へ。
 
ライフに買い物。帰りに小雨。
昼は歩いて松屋へ。
この前工事をしていたな、と行ってみたら
松のやと合体した店舗だった。
カツ丼もいいなと思いつつ、牛焼肉定食にミニ牛皿を追加。
ポテトサラダ、豚汁変更。
島忠で買い物をして帰ると空が晴れる。
洗濯物を外に干し直す。
 
九十九怪談の10巻を読む。
トム・ミッチェル『人生を変えてくれたペンギン』を読む。
イタリアの再訪編、ブラタモリの松本を挟んで一気に読み終える。
号泣。涙が止まらず。
単に動物がかわいそうというのではなく、再会がテーマの一つ。
ニューシネマパラダイス』で泣いた時の感覚に近い。
 
妻の帰りが遅くなり、
限定品どん兵衛のUFOのソースで作った焼うどん。
うまいけど、これひとつでは足りず。
カップヌードルの新作、辛麺も。確かに辛い。
フライドガーリックや乾燥野菜を加えて食べる。
妻が戻ってきて、ライフで買ったレバーの煮込みと
チーズわさび漬けを乗せたかまぼこで缶ビール。
お笑い向上委員会は宮迫問題。
荒川エルフって面白いな。今後来そう。
世田谷ベースを少し見て寝る。
バベットの晩餐会』をやっていた。
 
---
09/12(日)
 
8時前に起きる。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー。
今日は曇り。
ウルトラセブン、街録、イタリアの再放送。
Lazy Sunday

昼はミートソース。
ライフに買い物。
隣之怪4巻を読む。
大相撲初日。貴景勝も正代も相変わらずパッとしない。
横綱照ノ富士が余裕の勝ち。
 
夜は枝豆、冷ややっこ、ぴりからもやし、チーズわさび漬けを乗せたかまぼこ、
ライフで買ったきゅうりとタコのキムチソース和え。
ポツンと一軒家。
もやさま2は幕張。10月から土曜朝5時半と23時の30分ずつになるという。
もうこの番組は終わりなのだろうか。
シンパイ賞も今後見るのやめることにした。
日本語ラップインタビューズの続きを読む。
23時過ぎに寝る。
 
 

松屋+松のや

予定のない土曜。妻も外出。
たまには外食したいと近くの松屋へ。
11時過ぎ、混みだす時間の前に行けばいいだろうと。
 
近付いて驚く。
この前リニューアル工事していたのを見かけていたが、
松屋と、とんかつの松のやが共存する店舗になっていた。
店舗の広さは変わらない。
中に入ると券売機が二つ並んでいた。
松屋のと、松のやのと。なるほどなあ。
オーダー周りのシステムは大きく変えず、キッチン内のフローを工夫すれば成り立つ。
業務用のフライヤーを設置したり、恐らく食材をストックするスペースを増やしたりと
中はガラッと変わったのだろう。
リニューアルしたてだからか、店員は5・6人はいて忙しく仕事していた。
 
食券を買うと番号が振られていて、店員に渡す必要はなかった。
そのまま席に行って待つ。
出来上がったら番号が呼ばれて受け取りに行く。
店員が運んでくるのではなく、セルフサービスに変わっていた。
その分のコストを倍になったメニューに対応する方に振り向けるんだろうな、
賢いな、と思った。
 
カツ丼にしようか迷って、前の晩寝ていたときから食べたいなーと思っていた
牛焼肉定食へ。今はいろいろサイドメニューがあるのでミニ牛皿も。
ご飯に乗せて食べる。
サラダにはポテトを追加、味噌汁は豚汁に変更。
豪華になった。
 
ふと気づく。
松屋のメニューか松のやのメニューかを選べるのではなく、
松屋のメニューも松のやのメニューも同時に頼むことができる。
券売機を使い分けないといけないが、
カツ丼の上にさらに牛皿を乗せることだってできるし、
とんかつ定食にデミグラスハンバーグを足すことだってできる。
いまだ舌が中2の僕にとってはパラダイスのようだ。
 
どこかで松屋とマイマリー食堂が一緒になった店舗を見かけたように思う。
最近は中華の松軒や、すし松というのもある。
そういうの全部一緒になった大きなファミレスやフードコートができたらいいんじゃないか。
松屋のテーマパーク。
あったら行きたいなあ。
 

オリンピック・パラリンピックのチケット

東京オリンピックパラリンピックの喧騒も嘘のように消え去って一週間。
涼しくなって、すっかり秋。
これまでの日常生活にあっさりと戻ってしまった。
 
オリンピック、パラリンピックのチケットが
pdf ファイルでダウンロードできるという案内が先日届いた。
粋な計らいだな、と思った。
7日から13日までの期間限定だというので僕も昨日、ダウンロードした。
 
オリンピックは男子バレーの予選がひとつ、
パラリンピックは男女の車いすバスケの予選がふたつずつ、
ぼっちゃの予選がひとつ、当選していた。
車いすバスケ男子のチケットのひとつは
8/29(日) 20:30 からとなっていて、
これって日本とスペインの試合だったんじゃないか。
見たかったな……
 
チケットを見てみる。
右上端、下端にQRコード
左半分がチケット本体なのか。その上側に競技のピクトグラムが並んでいる。
その下に座席番号。
右半分はひたすら、注意事項が日本語と英語で。
その下にそっと、オフィシャルパートナー企業のロゴ。
このカラフルなピクトグラムが美しい。
 
無観客開催となって最初はやはり残念に思った。
せっかく当たったチケットも払い戻し。
しかし、これでよかったんだな。
こうするしかなかった。
幻のチケットだけが電子データとして手元に残った。
 
いろいろと厳しい状況の中での開催。
ドタバタ劇になんだかな―という局面も多かった。
実際、オリンピック・パラリンピックに伴う感染者数の増加はあったと思う。
莫大な大会費用どうすんだ? という問題も残る。
しかし、関わった多くのスタッフやアスリートたちの善意や熱意がそこにあるのを感じた。
僕は素直に、ありがとうと言いたい。
 

牛カツ丼

牛カツ丼ってないよねという話になる。
牛カツの店は都内にも増えたけど。
牛カツと玉子の相性がよくないのか。
牛肉の丼なら、ローストビーフ丼がメジャーになったからか。
 
牛カツ丼、タレ次第ではおいしくなるのかな。
玉ねぎよりは長ねぎの方がおいしいのかもしれない。
玉子でとじないソースカツ丼なら絶対美味しいだろうけど。
 
牛カツと豚カツの合盛丼を考える。
もっと言うと、チキンカツの3つを玉子で閉じた三軍丼。
 
それでいくと、
牛カツ、豚カツ、チキンカツが一皿になった定食というのもありそうで
メニューで見たことないな。
メンチカツやコロッケ、白身魚フライ、エビフライとのミックスにしないと
食べてて飽きてくるんだろうな。
 
いや、僕が行くのがとんかつ屋だからそうなのであって、
学生街の定食屋だと普通にあるのかな。
あって当然だよな。
豪華で普段は食べられないけど、先輩が奢ってくれるようなやつ。
 
揚げ物の定食屋というと、神保町の「キッチンマミー」
あそこはとにかく量が多かった。
エビフライなんて大きすぎて
どう考えても一般的なエビではない。
営業時間はずっと揚げる音が続いてて、女性客皆無。
中年サラリーマンとその後輩サラリーマンのような客しかいなかった。
でもあの店も牛カツはさすがになくて。
こういう店こそぜひ、
牛カツ、豚カツ、チキンカツの定食を手掛けてほしい。
 
そういえば、ネットで見たんだったか。
世の中には、鶏肉がレアというかナマのままの唐揚げを
提供する店があるという。
それで言ったら、レア牛のカツ、ローストビーフのカツなんかもできそうだ。