ワクスタというもの

この1・2年、僕もワクスタ(Work Styling)を利用するようになった。
ありがたいことに会社で契約しているので、僕が支払うことはない。
とはいえ使い放題ではないが。
 
昨年の札幌の案件で使い始めた。
2泊3日の出張で金曜に帰るという時、
札幌在住の同僚がその日リモートワークだと事務所が空いていない。
空港に移動する前の2時間ほどを利用する。
知らずに初めて利用した時にびっくりした。
ホテルの中だというのでそういう個室のオフィスがあるのかと思ったら違ってて、普通にホテルの一室だった。
ベッドもバスもある。これは快適だ。
しかしその2時間ベッドでダラダラしていられるかというとそれはなく、そんな日に限って忙しい。
出る前の10分間ほど、半ば儀式的に持ってきた文庫を少し読んで部屋を出た。
札幌出張も最後の頃、15時からの大浴場を利用してすぐ出て空港へ、というぐらいか。満喫と言えるのは。
 
あるとき間違えて札幌駅前のもうひとつのワクスタをとってしまった。
そちらは個室タイプ。
それはそれで、仕事をするには快適だった。
飯田橋の顧客のオフィスに常駐していた頃はこの個室タイプのワクスタがビルの中にあって、
誰がこんなの利用するんだろ、カッコつけてんなあと思っていた。
コロナ禍を経て、リモートワークが進んで、世の中は変わった。
 
今、2つの案件を掛け持ちしていて、1つが対面ですぐ後にリモートで打ち合わせとなると
顧客のオフィスの近くのワクスタを1時間とか2時間とか利用する。
東京駅近くにサテライトオフィスがあるのでそこに行ってもいいんだけど、
会議室が足りなくて皆、仕切りのない席でリモート会議をしていて、声がうるさい。
僕に聞こえる周りの声というよりも、リモート会議で僕の声を聞いている人たちが、僕の声の背後で聞く声。
 
今月に入って八重洲や六本木のワクスタを利用した。
個室だけじゃないんですね。
オープンスペースでノートPCを広げている人も多い。
外国人も多い。
スーツの人は少なく、場所柄か僕以外の人たちが皆かっこよく思えてしまう。
実際何かしらイケてる、仕事できそうな服を着ている。
なんかよくわからん横文字の職業なんだろうなと思う。
人は人、自分は自分と思いながら個室に閉じこもる。
 
都内にホテル型のワクスタないのかな。
あったらこっそり使いたいなあ。
 
出社か客先か、自宅でリモートワーク。
それだけだったのが、間にワクスタという選択肢が増えた。
それは不幸なことなのか、幸福なことなのか。
 

先週買ったCD #193:2024/07/08-2024/07/15

2024/07/12: www.hmv.co.jp
Wet Leg 「Wet Leg」 (\2420)
Pink Cream 69 「Pink Cream 69」 (\1012)
Pink Cream 69 「Pink Cream 69」 (\1810)
HMVのポイントで
 
2024/07/12: www.amazon.co.jp
The Mama's And The Papa's 「If You Can Beleive Your Eyes And Ears」 \1150
 
2024/07/13: DiskUnion 新宿中古センター
The Muffs 「No Holiday」 \1300
Black Flag 「who's got the 10 1/2?」 \1100
Exciter 「Better Live Than Dead」 \880
When 「Trippy Happy」 \980
 
2024/07/14: www.hmv.co.jp
GEZAN 「Never End Roll」 \2024
Bobbie Gentry 「Fancy」 \1822
Esplendor Geometrico 「1980-1981」 \2530
Esplendor Geometrico 「El Acero del Partido / Heroe del Trabajo」 \2530
(V.A. Crepuscule) 「Coincidence V, Fate 2014」 \2812
The Residents 「Not Available Preserved Edition」 \1669
Lloyd Cole 「Etc」 \2217
Lloyd Cole 「Guesswork」 \362
Donna Resina 「Transient」 \1917
Shakespears Sister 「Ride Again」 \1914
The Aggrolites 「Reggae Now!」 \1023
 
2024/07/14: www.amazon.co.jp
DragibusTutti Ftutti」 \512
 
2024/07/15: www.amazon.co.jp
Dragibus 「Barlapoux」 \360
 
2024/07/15: DiskUnion 神保町店
El Chicano 「Revolucion」 \1500
Flaco Jimenez 「Un Mojado Sin Licencia」 \680
 
---
Pink Cream 69 「Pink Cream 69」
 
最初に彼らのアルバムを聞いたのは高校時代。
演劇部に所属していた僕は軽音楽部に近いところにいて、何人か友達がいた。
(東京に長くいて、一番仲が良いのは彼らだったりする)
 
Whitesnake / Mr. Big / Extreme / Pretty Maids といったあたりを教えてもらった。
Guns N' Roses も Metallica も聞いた。
そんな中である日突然話題になったのが Pink Cream 69 だった。
誰かが買って、これはいいと。
誰だったかなあ。
廊下を歩いていたのか教室の中か、貸してたのがちょうど帰ってきたところに居合わせて
僕もタイミングよく貸してもらった。
1作目「Pink Cream 69」(1989)と
2作目「One Size Fits All」(1991)を2枚まとめて。
 
ドイツのハードロックのバンド。
そもそもその頃、1990年代初め、
洋楽でアメリカとイギリス以外のバンドを聞くこと自体が少なかったと思う。
青森市に住んでいると輸入盤というものは珍しく(ジャスコの中で売っていたことがあった)、
ないわけではなかったが、やはり見かけたのは英米の有名なアルバムばかりだった。
もちろん街のCDショップで買うCDというのは国内盤。
大手レコード会社を通じて日本に紹介されるバンドは相当ふるいにかけられていたはずだし、
そのうち青森市にまで来るものは相当限られていた。
音楽雑誌の裏の方で見る通信販売で買う勇気もなかった。
というか、お金がなかった。
 
高校生にしてみれば、『69』というのは刺激的な名前だっただろう。
1969年の革命がどうのこうのではなく、性的な意味で。
でも、そこじゃないというのは聞いてみてすぐわかった。
とにかくメロディアスなんですよね。
こんなにキャッチ―でカラフルなハードロック、今に至るまで聞いたことがない。
「Pink Cream 69」の冒頭 ”Take Those Tears” や2曲目の ”Sugar for Love”
締めのバラード ”I Only Wanna Be for You”
「One Size Fits All」の冒頭 ”Livin' My Life for You” や2曲目の ”Talk to the Moon”
締めのバラード ”Where the Eagle Learns to Fly” など。
これを美メロと呼ばずして、何を、という。
ベタな言い方をすれば、全曲シングルカットができる。
 
曲調が多様で飽きさせない。
いろんな音楽に触れてきたんだな、というのが感じられる。
ドイツのバンドなのにアメリカやギリシャ出身のメンバーがいるというのも関係するのか。
ハードロックだけを聞いてきた人たちのハードロックではなく、
ポップなものもクラシックなものも全て一通りくぐってきたハードロック。
1作目のボーナストラックにはレゲエの曲まで入っていた。
ドイツのハードロックバンドが、ですよ?
ミクスチャーではなく、あくまでレゲエ。遊びのような曲ではあったけど。
 
この2作、高校時代とにかくよく聞いた。
しかし、3作目の「Games People Play」(1993)でガラッと変わってしまって
耳に残る曲がなくなった。
そこがひとつの節目になったのだろう、
ヴォーカルにして曲を書いていたアンディ・デリスは脱退、ハロウィンに加入した。
その先の Pink Cream 69 を僕は聞いていない。
メンバーチェンジを繰り返しながらまだ活動は続いているようだ。
 
80年代末、90年代初めのCDなのでいかんせん音が弱い。
リマスターされないかな、とずっと思っていた。
時々思い出して探してみるも、出ていない。
10年前ぐらいに調べて、やはりない。
それが、最近また思い出して見てみたら出ていた。
少なくとも「One Size Fits All」のリマスター再発の国内盤が数年前に出ていた。
「Pink Cream 69」は Music On CD から再発が出ていた。
記載はないものの、Music On CD だったらリマスターされているだろう。
どちらも買ってみた。
 
……残念ながら「Pink Cream 69」はリマスターされていなかった。
音が薄っぺらいまま。
「One Size Fits All」はまさしくリマスター。
カラフルさの度合いが増し、ハードロック特有のゴリゴリした部分も強調されている。
うーん、1作目もいつかリマスターしてくれないかな。
 
 

身辺雑記:07/08-07/14

07/08(月)
 
7時前起き。
縄跳び、クッション腹筋、エアロバイク。
オードリー、虎に翼、こころ旅の総集編が再開。
コーヒー。
午前中は家で仕事。
午後は豊洲で昨年度の札幌市案件のインタビュー。
14時から15時半まで。
 
早く終わって、その後健康診断。
水曜に受診のつもりだったが、また来るのも面倒かと。
かつ、昼に食べる時間がなく、だったらと。
本来家に問診表が届いているが、持ってこなかったので手書きで対応。
17時半までオフィスで少し仕事をして帰る。
 
有楽町線に乗って成増まで。歩いて帰る。
ベルクで総菜を買って帰り、家に着いて缶ビール・缶チューハイ
酒場放浪記、月曜から夜ふかし
23時過ぎに寝る。
 
---
07/09(火)
 
7時前起き。
縄跳び、クッション腹筋、エアロバイク。
オードリー、虎に翼、こころ旅。コーヒー。
午前中は家で仕事。
昼になって移動。
東京駅。ジジ&ババのランチは終わってて、
地下街のちょもらんま酒場でちょもらんま飯。
 
ワクスタに入って打ち合わせ1本。
八重洲ミッドタウンの中ともなるとおしゃれですね。
かえって居心地悪い。
終わって、八重洲のお客様の対面の打ち合わせ。
17時半前まで。
 
丸の内線で帰ってくる。
木曜の人間ドックに備えて夜は食べず。
新日本風土記人形町
鑑定団を見て早々と寝る。
 
昼前、洗濯物取り込んでおかなきゃと思っていたが
外に出る前に忘れ、雨に濡れてしまったようだ。
先に帰った妻が取り込んだ。
 
---
07/10(水)
 
7時前起き。
縄跳び、クッション腹筋、エアロバイク。
オードリー、虎に翼、こころ旅。コーヒー。
ようやく今日、終日家で。
いくつか打ち合わせ。
昼は妻に用意してもらってレトルトのカレー。
 
こころ旅の総集編。2022年の滋賀。
散歩がてら駅前に出て、
IMA LIBRO で rockin'on を買おうと思ったがなかった。
仕入が少ないんだろうな。
ユニクロで社外のオンライン会議用の襟付きTシャツを買おうと思ったが、
高いわりにいいものがない。
LIVIN で買い物をして帰った。
家に着くころに雨。
 
明日は人間ドック。夜は食べない。
半日何もできないので仕事を再開。
20時半まで。
ぼっちキャンプを見て寝る。タイに行っていた。
 
---
07/11(木)
 
5時起き。妻の弁当を作る。
6時過ぎに出て、人間ドックのため八重洲の健診センター。
今年は一番の受付となることができた。
体重・視力・血圧ともまあまあのところに。
終わって東京駅のサテライトオフィスで一仕事。
戻ってきて検査結果を聞く。おおむね昨年と変わらず。
ジジ&ババでチキンカツカレー。
青山のお客さんのところへ。
2時間打ち合わせして帰り道、打ち合わせを聴きながら帰る。
こころ旅。
勉強会の講師。
 
終わってようやく酒を飲む。
サラメシ。ケンミンショー。
華大の家飲み。ケンコバのビジホ飲み。
ペペロンチーノをつくる。ネギとベーコンで。
ベストヒットUSAを見て寝る。
 
---
07/12(金)
 
7時前起き。
縄跳び、クッション腹筋、エアロバイク。
オードリー、虎に翼、こころ旅。コーヒー。
ほぼ打ち合わせ。
悩んでる後輩にアドバイスなど。
コンサルとしてのバリューが出せない、の件。
 
終日雨で涼しい。
昼、チリトマトヌードルの特上。
ライフに買い物。
こころ旅。
19時半まで打ち合わせ。
ドライカレーをつくる。
新日本プロレスはジョン・モクスリーと海野翔太
ツマミになる話。学天即が出ていた。
おんな酒場放浪記を見て寝る。
 
---
07/13(土)
 
7時前起き。
クッション腹筋、エアロバイク。
オードリー。コーヒー。
月曜のPASSAGE搬入のため、商品登録。
外に干していた洗濯物を中に干し直して9時過ぎに家を出る。
今日妻はお休み。
『タイの花鳥風月』の続きを読む。
セブンイレブンでサンドイッチなど買っていく。
自由が丘駅前は盆踊りの櫓が。
 
レジにお金を入れるなどして開店。
在庫登録が少々とスリップの印刷。
13時半にサンドイッチ休憩。
編集学校の方が来店。常連さんも顔を出す。
何者からかの手紙がとても売れた。
夕方から雨。
お隣さんの出すラムネを飲んだ。
 
18時に店を閉めて豆点。
生ビール、海老中華丼、豆点餃子。
池波正太郎『江戸の味を食べたくなって』を読む。
新宿三丁目で下りて DiskUnion で取り寄せのCDを。
大江戸線に乗って帰る。
 
妻は豪徳寺で汁講の後、荻窪の内見を終えて、吉祥寺へ。
だったらいせやに行ったらと言うと、そうするという。
バスに乗って帰ってきた。
美容室で買ったTシャツを僕の分も。
吉祥寺のパン屋で買ったという白身魚フライサンド、海老カツサンドを食べる。
どちらもうまかった。
お笑い向上委員会を見て寝る。ザコシショウなど。
 
---
07/14(日)
 
明け方から雨。
7時起き。コーヒー。
9時前に家を出て、整体へ。
終わって飯田橋
HMV の以前頼んだオーダーのコンビニ受け取り。
祝日だからか天鴻餃子房が休みで、味噌の章にして
辛味噌のチャーシュー、味玉トッピング。
miuraya で買い物をして帰る。
Lazy Sunday を聞く。
 
家に着いて、新聞のクロスワードパズルを解く。
『タイの花鳥風月』の続きを読む。CDの解説を読む。
ポツンと一軒家。
夜は麻婆豆腐をつくった。
中川家のコントはスクールゾーンの再放送。
妻と話していたら寝たのは午前0時半。
 
 
 
 
 
 

3連休3日目

3連休3日目。
7時前置き。雨。
オードリー、虎に翼、こころ旅。
平野レミの料理番組。ゲストに吉田沙保里が出ていてすごい絵柄。
霊長類最強決定戦のようだった。
洗濯物を家の中に干して9時半過ぎに家を出る。
妻は今日、浴衣。
 
テレビ埼玉高校野球の予選。浦和と春日部東。
杉並から世田谷まで進むうちに電波が届かなくなって、NHKの高校講座。
滝川カレンと金田一秀穂など。
 
今日は夜、読書会。先週急遽決めたので申込者は朝の時点で一名。
店に着く。妻がお隣『M FLORA』さんで髪飾りをつけるというので僕が買うことにした。
値札ラベルを作って差し込む。その途中でバトンタッチ。
神保町のPASSAGEで搬入。
『タイの花鳥風月』を読む。
 
搬入は12時半から。DiskUnionで時間をつぶす。
エル・チカーノとフラーコ・ヒメネスの国内盤を見つけて買う。
搬入終わって店を眺める。
チョン・イヒョン『優しい暴力の時代』
キム・ヨンス『世界の果て、彼女』
『岡村昭彦の言葉と写真』の3冊を買う。
 
キッチン南海に行ってみたらしまってた。祝日だからか。
昔よく行った担々麺の店にと思うが、知らない間に再開発で一帯そのものがなくなっていた。
神田スクエアという大きなビルになっていた。
 
大勝軒が移転した、というか飯田橋に向かう途中にあった店が
お茶の水店の場所に移ってきたというので行ってみる。
開店したばかりで花が飾られている。
セルフサービスの店になっていた。
キッチン南海でカツカレーの気分だったのでこちらでもカツカレーを。
そう思ってカツカレー中華にしたが、出てきたのはカツカレーライスではなくカツカレーラーメン
そうか、中華風カレーライスではなく、中華そばのことか。そりゃそうか。
しかし、想像以上に美味かった。スープが絶妙。僕の食べてきたカレーラーメンの中ではダントツ。
 
PASSAGE に戻って3階の bis! でコーヒーを飲んで休憩。
『タイの花鳥風月」を読み終えて、池波正太郎『江戸の味を食べたくなって』を読む。
山口瞳との対談。
 
今から自由が丘の店に行くと連絡すると
読書会のテーマに沿った別冊太陽を探してきて欲しいという。
神保町で探すとよかったが、半蔵門線に乗った後だった。
渋谷に着いてMODIの5階・6階が HMV BOOKS と知って行ってみるもここにはなし。
尖りすぎていた。
というか5階は K-POP の聖地のようなフロアだった。
 
西武の7階に紀伊國屋書店があるというので行ってみる。
ここはあるにはあったが最新号のみ、バックナンバーはなし。
BRUTUS のSF特集と CASA BRUTUS藤子・F・不二雄特集を買う。
どちらも表紙がドラえもん
最後の手段ということで代官山に移動して蔦屋。
別冊太陽のバックナンバーは豊富だったが、妻のイメージするものはなかった。
棚を見出すとアレコレ買ってしまうので、すぐに出た。
いつ以来だろう。今度時間とお金のある時に来たい。
 
東横線に乗り直して自由が丘に着く。
駅前広場の盆踊り会場のミニステージでは
アイドルの卵のような2人組が歌っていたが、客はまばら。
ファンらしき姿はなし。
ほんと活動を始めてすぐなのだろう。
 
17時前。店に着く。眠くなってきてまた散歩に出る。
17時半を過ぎて盆踊り大会は子供たちがステージに。
 
戻ってくると、本日参加の方が早めに来てくれていた。
18時から早速読書会開始。
1)店の本で、自分につながりのある作家の本を選んで交わし合う
2)坂口安吾「風と光と二十の私と」を共読
3)店の本で、これから出合いたい作家の本を選んで交わし合う
 
坂口安吾は正直、これまで全然読んでこなかったんですね。
有名な『堕落論』も堕落しましょうよ、っていう話じゃないと。
ピュアな自分とピュアじゃない自分、
世間に折り合いをつける自分と折り合いをつけられない自分とがせめぎ合う中で
核心を突く、そんな作家なのだなと思った。
 
19時半に終わって、参加の方と軽く飲みに行く。
前から気になっていた「つばき食堂」
昼に行こうとするとランチの定食がほどよく、いつも満席。
夜は割と空いていた。
栃尾揚げ、揚げシュウマイ、玉子焼き、スルメイカの一夜干し、長イモ梅あえ、タコの唐揚げなど。
前から知っている方なのであれこれと話は尽きず。
22時頃まで長居してしまった。
 
帰りの車の中で月曜から夜ふかしを。
疲れてしまって最後の方は寝落ち。
家に着くころ目が覚めた。
シャワーを浴びてすぐ、寝た。

3連休2日目

3連休2日目。
この日は自由が丘の店には行かず、新宿御苑の整体へ。
9時前に家を出る。
小雨。
駅の脇の小公園では今日もよさこいのグループが練習していた。
大江戸線の中で『タイの花鳥風月』の続きを読む。
 
整体は10時から。朝イチで。
今回も肩と背中が相当凝っているという。
 
終わって飯田橋へ。四ツ谷で乗り換える。
以前常駐していたお客さんのビルのコンビニ。
HMV で2020年、コロナ禍前にオーダーしたのを受け取る。
ずっとほったらかしていたのが今頃になって出荷。
受け取り先を変えていなかったので、わざわざ取りに行かなければ行けなくなった。
あの頃は飯田橋の職場で受け取ってたんですね。
他にもいくつかそういう未出荷のオーダーがあって慌てて変更した。
 
青森県アンテナショップ「北彩館」を覗く。
めぼしいものはなし。
最近話題の「チョコQ助」は夏のため販売してないとのこと。
豊盃もあったが、桃川の限定品があったのでそれだけ買った。
 
昼を食べようと思うが、大通りのチェーン店はやってるものの一本入った通りはことごとく休み。
天鴻餃子房で麻婆豆腐を食べたかったが、残念。
つじ田の味噌の章に入って辛味噌ラーメン、味玉とチャーシューを追加。
miuraya に寄って北の富士カレーを探すも見つからず。
おいしそうな搾菜の瓶詰めを見つけて買う。
大江戸線に乗って帰る。
Lazy Sunday を聞く。
Fuji Rock が来週ということでそのコーナー。
ゲストも今回出演の田島貴男
 
クリーニング屋、ライフ。
戻ってきて常備菜きんぴらごぼうと竹輪炒め。
『タイの花鳥風月』の続きなど。
ポツンと一軒家。
夜は麻婆豆腐。ご飯を炊く。
中川家のコントはスクールゾーンの再放送。
妻が風呂を沸かしたので入る。
 
大相撲初日。
北の富士からのコメントがあったという。

一日店長

3連休初日。
今日は妻が編集学校の集まりに出かけ、
自由が丘の店は僕1人。
 
朝起きてオードリーを見て、月曜の神保町PASSAGE搬入に供えて商品登録。
洗濯物を1時間ほど外に干して、いつ雨が降るかわからないからと中に干し直す。
9時過ぎに家を出る。
 
駅に向かって歩いていると
派手なハッピ姿の女性が目の前を駆け抜けていった。
LIVIN 横の小公園に同じハッピを着た若者たちが集まっている。
改札前には様々なスタイルのハッピ。
この3連休、光が丘公園ではよさこい祭りだった。
ステージに登場するゲストにちゃんみなの名前があった。
 
練馬駅で乗り換える。
『タイの花鳥風月』の続きを読む。
自由が丘に着く。
駅前のロータリーには提灯が並び、小さな櫓が組まれ、
今日から3日間、盆踊り大会。
 
セブンイレブンで昼食代わりのサンドイッチを買って11時前に店に入る。
レジに入金、掃除機をかける、看板を出すなど。
夏に向けて、妻が津軽びいどろを仕入れていた。
在庫登録を頼まれたのが5冊のみですぐ終わる。
他、スリップを印刷して裁断ぐらいしか仕事がない。
12時半にはその日やるべきことがなくなってしまった。
 
13時半、インスタントコーヒーを淹れ、
買ってきたサンドイッチを食べながら休憩。
編集学校の、初めてお会いする方が来店。
いつもの常連さんが顔を出してくれて、よもやま話。
青森で今おススメの観光スポットどこですか?
と聞かれたので、新郷村のキリストの墓・ピラミッドと答える。
 
夕方から雨。
盆踊りに合わせて、隣の隣の店で仕入れて売ることにしたラムネを
僕も一本買って飲んだ。
懐かしい味がした。
 
18時、閉店。レジのお金が合っていることを確認。
お隣の店のお客さんが帰るまで待って電気を消す。
豆点で食べることにした。
カウンターの席。
生ビール、豆点餃子、海老中華丼。プリプリの海老がいい。
駅前では盆踊り大会で、店のある通りも提灯で飾られていた。
広場に出る。櫓の上で女性が和太鼓を叩いていた。
小さなステージの上に浴衣を着た子供たち。
この時間帯は子供たち向けなのだという。
 
新宿に出て DiskUnion で取り置きのCDを。
大江戸線に乗って帰ってくる。
池波正太郎『江戸の味を食べたくなって』を読んだ。

23区の西と東

東京の東側がよくわかっていない。
住んだことがないし、遊びに行くということもほとんどない。
江戸川区葛飾区、足立区、荒川区、北区の位置関係がよくわからない。
もっと言うと、江東区墨田区台東区も覚束ない。
区割りされた23区の白地図に自分で区の名前を書き入れるとか、
区の名前と代表的な駅名を組み合わせるクイズがあったら、
正答できる自信がない。
まっさらな東京都の図に自分で線を引いて区の名前を書くとなったら、
かなり頓珍漢な出来栄えとなって、確実に荒川区を忘れてそう。
 
二年に一度の契約更新のタイミングで必ず引っ越すことにしています、
という人がいる。
身軽でいいなあと思っていたが、
僕なら23区全部住む、ということに挑戦してみたい。
ベタに計算したら46年かかるか。
1年ずつでも23年。
そういうのしたことある人、達成した人は案外何百人といるんじゃないかな。
引っ越しマニアの人とか。
「実際住んでみた」という触れ込みの23区ガイドがあったら僕は買うと思う。
良かった区ベスト3とワースト3とか。
 
というか家を持たず、ホテル暮らしという人もいるらしい。
裕福な環境に育って、とか、遺産が入って、とかで。
働く必要がなく、酔狂な生活を送っている。
あるいはもっと意外な境遇、意外な理由で。
そういう人が23区を渡り歩くというのもたぶんあるのだろう。
 
でも多くの人はひとつの区にしか住んだことがない、
あっても3つか4つというところか。
僕だと杉並区、世田谷区、練馬区ということになる。
23区の西側のみ。
 
確か速水健朗さんの本で読んだんだけど、
東京23区の西側に住む人は東側をよく知らないし、
東側に住む人は西側をよく知らない。
やっぱそうなんだなあ、と今更ながらにして思う。