ノンカテゴライズ

ラジオ体操というもの

雨の土曜。 布団でのんびり過ごしていた妻が起き上がって来て、 ラジオ体操をするというので、リビングで一緒にやった。 音楽なしで、テンテレレンと自分で言いながら。 第一かと思いきや第二だった。 第二の方が複雑で難しいんだよなー、よく覚えてるなあと…

無音をつくる

『透明人間』が再度映画化されたというニュースを見た。 撮影技術、編集技術の進化により迫真性の高い透明人間が生まれることだろう。 透明人間、つまり目に見えない人間。 ということは他にそういうバリエーションがつくれないか。 音に聞こえない人間とか…

いつか知るかもしれないこと

昨晩、ご飯を食べていたらふと妻がこんなことを言う。 「玉川上水って深いところでどれぐらいなんだろう?」 なんで? と聞くと、 「ほら、太宰が。自殺できるぐらい深かったっけ?」 確かに、小平のあの辺りのは足首ぐらいでとてもじゃないけど死ぬのは無理…

バルコニーに住む

大正時代に銀行として使われていたとされるアトリエであるとか、 海外の建築家がデザインした繭のような外見のシュールな一軒家であるとか。 ユニークな物件、ハイセンスな物件を扱っていて面白いと 「東京R不動産」のサイトをよく妻が眺めている。 時々「…

地球空洞説

昨日の話に続いて。 失踪した人たちがどこに連れ去られるかというと。 地球空洞説というのがあって、 北極点や南極点に近いところに大きな穴がぽっかりと開いていて 迷い込んだ飛行機が入り込むとそこには楽園が広がっているという。 地表の人類をしのぐ高度…

屋上のある家、屋上にある家

妻と散歩しているとき、どちらともなく「あ、あそこの家、屋上あるね」と指さすことがある。 「洗濯物干してるね」とか「植物ですごいことなってるね」とか。 今も昔も屋上に憧れる。バルコニーではなく、屋上。 条例とか法律で細かく決められていて、今の家…

雑学というもの

昨日『なんでも鑑定団』を見て知ったんだけど 埼玉県蕨市は成人式発祥の地なのだという。 1946年、終戦の翌年、新青年を励ますために地元の有志が「成年式」という名前で開催。 それが「成人式」という名前で爆発的に全国に広がって、1948年には「成人の日」…

柳沢慎吾という人

NHK-BSでの『おしん』の再放送が終わって、次は『はね駒』となった。 昼を食べながら最初の何回かを見た。 斉藤由貴が若い。ジュリーが若い。渡辺謙が若い。角野卓三が若い。 なんて妻と言いあってるうちに、んん!? と目が釘付けになったのが、 柳沢慎吾が…

眼球の裏側

仕事も落ち着いてきて、昨日は午後休。 床屋へ。こんな話を聞いた。 マスターは8年前に目の手術をしている。 目の裏側の部分を衝撃で損傷、 眼球がレンズとなって像を結ぶ焦点のところなのでぼやけてしまう。 しかも片目だけ。これでは商売にならないと思い…

空調というもの

本番移行作業のため出社。 昨日、オフィスの空調を利用する申請を行った。 吹き出し口に番号が振られ、その番号単位で申請する。 (やらなかったらこの雪の中、かなり寒いことになっていただろう) 都心のインテリジェントビル。 地上30階の高さがあって、フ…

ボールペン、ホワイトボード、タブレット

昨日は予定もなく、のんびり過ごす。 会社に持っていっていたステンレスマグ、3年ぐらい使っていたのが遂に壊れて 新しいのを散歩がてら島忠に買いに行く。 以前と棚の配置が換わったのか、どのコーナーにあるのかわからなくてウロウロしていると 文具のコ…

超能力というもの

小さい頃、四次元や超常現象やUFOの本ばかり読んでいた僕は もちろん超能力というものに憧れた。 1980年代半ば。 毎月のようにユリ・ゲラーが来日して木曜スペシャルといった番組で スプーン曲げを披露して、平井和正原作の映画『幻魔大戦』も公開された。 …

妻が気になると言って図書館から借りてきたキャサリン・ダン『異形の愛』 人気のサーカスをつくるために妊娠しては毒物を服用して 我が子をフリークス(奇形児)として生み育てる。 そんな家族のその後の話。 思ってたよりもグロテスクではないが、 読んでは…

好きな色は?

小さい頃、好きな色は? と聞かれると「青」と答えていた。 なんでかというとよくわからない。 海の色、空の色だからなのか。 ヒーロー戦隊もののブルーの立ち位置に何かを感じ取っていたのか。 45歳の今、好きな色は? と聞かれても返事に困ってしまう。 (…

地下室というもの

妻から「東京R不動産」にすごい家があったと。 https://m.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=8374 ※近未来すぎて各部屋の写真は必見。 真っ白な、巨大なオブジェというか生き物のような家。 直線を極力排し、曲線をメインに構成されている。 スコットラン…

非定住生活への憧れ

人は今の自分にできないことに憧れる。 身の周りの持ち物を極限まで減らして、 あ、この町住んでみたいなと思ったら賃貸物件を探して、 ちょうどいいのがあったら2年ぐらい住んでみる。 季節を2回巡ったぐらいで次の町へ。 そういうのに今、憧れる。 例え…

ヘリコプターというもの

朝、たまたま目に留まって iPhone の中に入れていた 渋谷慶一郎『The End - EU Edition -』を聞く。 初音ミクをフィーチャーしたオペラ。パリでも上演されたという。 初音ミクの語るセリフの中に「ヘリコプターの音が聞こえた」というのがあった。 バックグ…

「日参様」

昨晩の新日本風土記は再放送で、テーマが「山口」だった。 面白い風習が取り上げられていた。 その集落では「日参様」と呼ばれる神様を大切にしていて、 持ち運べる可能な小さな社にそれは祀られていて、 回覧板のように家々を回るのだという。 ある家に届け…

鏡の向こう側

帰ってきて「チコちゃんに叱られる」を見ようとしたら再放送だった。 その中のひとつが、「鏡はなぜ、左右は逆に映るのに上下は逆にならないのか」 その理由は「わからない」だった。 プラトンも悩んだという難問。 右手をあげて鏡に映ったとき、それを左手…

顔に現れる

昨日、高校の友人たちと飲んだ。 あれこれ話した中で盛り上がった話題のひとつが、 夏に青森で同窓会的な飲み会があったときに撮った写真が何十枚と LINE のグループに投稿されたのを見返して、 これって誰だっけ? と。 「俺にそっくりだけど誰? こんなや…

クロスワードパズルというもの

9月末、休みを取って青森に帰った。 夕食後母から、わからなかったところをやってほしいと新聞のクロスワードパズルを渡された。 なかなか難しく、結構時間がかかった。 ネットで調べれば簡単だけど、それでは意味がない。 どうにもならず、妻には LINE で…

2進数

1、2、4、8、16、32、64、128、256、512、1024…… ということで、2の10乗が1024となる。 1byte が 1MB になるぐらい情報量が増えることになる。 IT業界で働いているとこういう数字に敏感になる。 この日「メガバイト記念日」だったり…

とりとめなく

陸地が左右反転したパラレルワールドを考える。 日本の東側に日本海が広がり、その向こうには韓国、北朝鮮、中国。 別に何も変わらないようでいて、 例えば自転の向きが変わらないのならばいろいろと気候が変わりそうな気がする。 日本は極東ではなく、極西…

間違い電話

間違い電話って仕組み、面白いなって今更ながら思う。 かかってきてもいいことはないし、かけてもめんどくさいだけだけど。 そこから恋愛につながるというのは漫画でしかありえない。 でも、なんか面白い。 桁数が違うし、数字じゃなく英数字だしで組み合わ…

床屋型コミュニケーションなど

仕事でよくやってしまうことなんだけど、 これぐらいはまあ皆に連絡するほどでもないなとほっといたり、 メーリングリストやメッセンジャーツール、チャットツールで 誰宛でもなく流しておいたら当然誰も読んでなくて、 気が付いたら自分一人でいろんなこと…

しおりというもの

映画や演劇を見たときの半券などを取っておいて、 文庫本を読むときのしおりにする。 今、佐伯一麦の『ノルゲ』を読んでいて、 3月に行った鴨川シーワールドの入場券をしおりにしている。 タイムラグはあるけど、だいたいいつ読んだのかがわかる。 先日奥泉…

海水浴場

最後に海水浴をしたのはいつだろう。 もはや思い出せない。 自主映画の撮影やドライブで海辺には出かけたときに、足首だけ浸るということはよくある。 しかし、海パン一丁になって海の中で泳ぐというのは、もしかしたら10代が最後だったかもしれない。 それ…

行きつけの喫茶店

一昨日、青梅を訪れたときに「夏への扉」という古き良き喫茶店に入った。 そのとき、『散歩の達人』が20周年記念で出した、 各界著名人100人に聞いたおすすめの喫茶店という特集を読んだ。 江口寿史が西荻窪の喫茶店を…、など。 自分ならどこを選ぶだろうか…

ネバーエンディングストーリー

昨晩、なんとはなしにテレビをつけたら 桐谷健太がアフリカのサバンナを旅するという番組だった。 見る端々で「なあ、萬平君」「親友やないか」「100円は高すぎる」と言い出しそうな気がした。 今後、桐谷健太はどこで何に出るときにも「世」と書かれたバッ…

工事現場の犬と少女

予定のない日曜の昼。 『Lazy Sunday』を聞きながらパスタを茹でて、 頂き物の辛子高菜でペペロンチーノをつくって缶ビール。 妻からこれ見て、とスマホを渡されると動画が。 今治ゆか @imabari_yuka という方のツイート。 https://twitter.com/imabari_yuka…