過去の思い出

大阪出張で出会ったおいしい店

昨日の大阪出張の帰り、新大阪駅の新幹線側構内の「やまもと」で すじねぎ焼をテイクアウトした。 前から食べたいと思いつつ、いや、食べるなら十三や梅田の店で食べたいと考えていた。 大阪出張も延長とならず今月末までといったん決まったので 店に行く機…

移動販売車というもの

午後、仕事の合間に島忠に行った帰りに 高齢者向けにケアサービスの付いたマンションの前を通りがかったら 移動販売の小さなバンが店を広げていた。 ちゃんとは見なかったが、生鮮食料品やパンだったように思う。 スーパーが歩いて10分、15分のところにある…

コインランドリーというもの

ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引書』を少しずつ読んでいる。 冒頭の短編がコインランドリーを舞台にしていた。 町の貧しき人たちの住むエリアの、貧しき人たちの集まるコインランドリー。 アルコールに溺れていて、仕事という仕事もなくて。 幸か不幸…

父の話

土曜に叔父の家を訪れたとき、父の話を少し聞いた。 叔父も父もかなりの実力を持つテニスプレイヤーだった。 今となっては母も大半を処分してしまったが、 青森の実家には昔、父が参加して 優勝した社会人の大会のトロフィーが何十本もあった。 たまの休みに…

北の恋しぐれ

昨晩、『町山智浩のアメリカの今を知るTV』を見た。 アメリカは今、燃料価格の高騰などもあって長距離トラックの運転手が不足、 高齢化で辞めるドライバーも多く、8万人という規模で足りないのだという。 それに伴い平均年収が上がり、 確か500万円台前半だ…

泥酔の朝

昨晩妻から聞いた話。 少し時間をずらして出社。10時半頃。 東新宿方面から曙町方面へと歩く。 新宿一丁目界隈の住宅街。 ふと見ると道端にパトカーが停まっていて 警官がブランド物のバッグを持ち上げている。 その側に倒れている人がいた。 お年寄りが急に…

高校野球のその後

昨日、妻の運転する車で島忠へ。 途中に小学校がある。 グラウンドで小さな子供たちが野球を教えてもらっている。 ユニフォームを着た大人が近くからそっとボールを投げて、 小さなユニフォームを着た男の子がバットを振って空振りする。 もう少し大きくなる…

尻屋崎の寒立馬

朝、妻がなんとはなしにテレビをつけたら NHKで『小さな旅』という番組をやっていた。 尻屋崎の寒立馬がテーマだという。 青森県、下北半島の突端。 半島はよくマサカリの形に例えられるが、柄の部分の上端に当たる。 日本海・津軽海峡がここで太平洋に接す…

『月刊ムー』のこと

昨晩、BS-TBSの『町中華で飲ろうぜ』を見終わって、 寝ようとしたらその次の番組の『X年後の関係者たち』が始まって、 テーマが『月刊ムー』だったので思わず見てしまった。 5代目の編集長や 僕が子供の頃から超常現象研究家として活躍していた並木伸一郎…

節分というもの

夕方、仕事が一段落してライフに買い物。 見慣れない場所で人だかりが。 なんだろうと近寄ってみるといつもは納豆巻きや稲荷寿司などを売っているコーナーで、 あ、そうか、恵方巻か。 20% OFF のシールを張った後らしい。 最後2本残っていたのを見つけて、…

ドライブインというもの

日曜の『孤独のグルメ』の再放送で 五郎さんは郡山郊外のドライブインを訪れていた。 全国的に見ればドライブインってどうなんだろう。 今も健在で元気に営業しているところが多いのだろうか。 小さい頃、青森で見かけたドライブインの廃墟を思い出す。 とい…

駄菓子屋というもの

ライフに買い物に行ったら、魚介系の総菜コーナーに 魚のすり身を薄くて小さなカツにしたのを詰めたパックが売られていた。 懐かしいな、これが一枚だけ入ったのをカツと称して 駄菓子屋でよく30円ぐらいでよく見たな、と思い出す。 思わず1パック買ってし…

アーモンドというもの

今日は123と並ぶ。 なんか語呂合わせの記念日があるだろうとみてみたら https://www.nnh.to/01/23.html 「ワンツースリーの日」というただそれだけの記念日もある中で 今日は「アーモンドの日」でもあるのだと。 成人女性の一日の摂取量の目安が23粒で、123…

すた丼早食い競争

来週末、妻の後輩ちゃんと3人で国立散歩ということになった。 大学通りを南へ、谷保天満宮まで行って引き返すことになるか。 その間、韓国茶の店や古着屋に寄ったりするだろう。 昼はまあロージナ茶房でビーフストロガノフかな。 半ば冗談で「すた丼」のリ…

119番

1月19日。119番を思い出す。 火事で呼んだことはないが、消防車で呼んだことがある。 大学2年生の時か。 その日具合が悪くて寮の2段ベッドで寝ていたら なんだか辛くなって同期に電話をかけてもらった。 しばらく横になって待っていたらサイレンの音が聞…

和歌山マリーナシティ、ポルトヨーロッパのこと

NHKの朝ドラ『COME COME EVERYBODY』は年末から第二部へ。 岡山から大阪に出た深津絵里がクリーニング屋で働くことになり、 ジャズトランぺッターのオダギリジョーと出会う、という内容。 その大阪を初めて歩くシーン。 川に橋が架かっていて、その向こうに…

雪と側溝

昨日は都内も10cmの積雪となる大雪で4年ぶりのことだという。 寒い一日だった。 夜は妻を駅まで迎えに行った。 家に着いてポストの屋根にふわっと高く雪が積もっているのを素手で払った。 妻は寒くないのかな、と言う。 青森で育った僕としてはこれぐらいの…

クリスマスイヴ '2021

気が付いたら今日はクリスマスイヴだった。 あ、そういえばそうだったね、という感じで 結婚して6年、さほど特別な日ではなくなってしまったということになる。 特別なことは何も用意していない。サプライズもない。 数年前は KFC のクリスマスバーレルみた…

ままごと

よく晴れた土曜の昼、スーパーへ。 近所の公園に差し掛かると女の子三人が芝生に座って何かを囲んでいる。 ままごとか。今の子供もやるんだな。 引っ込み思案でいくじなしだった僕は 幼稚園の庭を走り回って遊ぶなんてことは先生に言われたとき以外にほとん…

ラジカセとカセットテープ

妻と妻の後輩ちゃんとの昨日のやりとり。 MDの話になった。 一回り下の後輩ちゃんは高校時代、TSUTAYAからCDを借りてはMDに録音していたという。 曲名をコンポでポチポチ入力したりしながら。 一回り上の僕はカセットテープだった。 妻曰く、高校・大学とカ…

文化祭の前日、屋上で

仕事が忙しくなって、打ち合わせばかり。 そのセッティングと議事録と。一日が一瞬で終わる。 何気ない瞬間に昔のことを思い出す。 今はもういろんなことを忘れてしまっている。 細部がぼやけてしまっている。 それでも思い出せることがある。 こんなに忙し…

『映画音楽大全集』

自分の死期が近いのか。 そこまではいかなくとも、少なくとも人生の折り返し地点は過ぎたのか。 最近、昔懐かしいもの、20代半ばまでに出会ったものへの郷愁の念が強い。 新しいものに出会うよりも、昔馴染みの方が気楽でいい。 高校の頃に初めて読んだ rock…

新人時代

夕方、久しぶりに部会に出席する。 7月に配属された新人3人が、 3カ月を経てどういう成長があったか振り返るというプレゼンがあった。 「余裕を持った計画を立てられるようになって、自分のできることを増やしていきたい」 「自分で考える時間と周りに聞…

バケツスライム

昔は駄菓子屋やその店先のガチャガチャで こまごまとした玩具をあれこれ買ったものだった。 なんかふと、スライムってあったなあと思い出す。 バケツに入っていて、緑や青の毒々しい色の、 あれってなんだろうなあ。どろっとした。 触るとグニグニして、あれ…

アンドレ・ザ・ジャイアント

最近になってBS朝日の新日本プロレスの番組を見るようになった。 僕らが小学生だった頃はプロレス全盛期だった。 掃除の時間になって机を教室の後ろに寄せると技を掛け合ったり。 スタン・ハンセンとか名レスラーの偉人伝みたいな漫画を 誰かしらが持ってい…

梵珠山のこと

小学校の高学年や中学校のとき、 年に一回ぐらい、林間学校と言うのか、宿泊付きの遠足とでも言うのか、 少年自然の家に泊まった。 学校指定のトレパンを着て校庭に集まって、バスに乗る。 昼は地図を片手に山の中をオリエンテーリング。 夕方は男女二人ずつ…

猛暑の記憶

猛暑、酷暑というと今年はそうでもないのだろうか。 これまでの最高気温は東京都の場合、35℃か36℃ぐらいか。 全国的にも40℃を超える日はまだなかったと思う。 僕が上京した1993年は記録的な冷夏で なんだ、東京もこんなもんかと快適な夏を送っていた。 しか…

ウォークマンというもの

今日7月1日は「ウォークマンの日」であるという。 1979年、SONY の初代ウォークマンが発売されたのがこの日。 僕も小さい頃、一番欲しいものが SONY のウォークマンであった。 80年代半ばには様々な家電メーカーから発売されていて、 FM/AMラジオ付き、オ…

青森市のロッテリア

昨日、モスバーガーでかなり久しぶりに食べたことを書いた。 僕にとって今も忘れられないハンバーガー屋といえば 青森市駅前、今はアウガの向かいにできたロッテリア。 青森市(県?)に最初にできたハンバーガーショップということで とても話題になった。…

鯨に飲み込まれた男

昨晩寝ていた時、夢うつつで そういえば鯨に飲み込まれた男の話を小さい頃よんだなあ ということをずっと考えていた。 リーダーズダイジェスト社の大型本のひとつに 『世界不思議物語』というのがあった。 古今東西の不思議な出来事を集めた図鑑のように大き…